静岡の太陽光発電ならエネジンソーラー > 省エネ・創エネ お役立ちコラム > 太陽光発電

省エネ・創エネ お役立ちコラム

太陽光発電

1 2 3 13
パワーコンディショナの交換

2020年12月28日太陽光発電

パワーコンディショナの交換

家庭用太陽光発電に設置しているパワーコンディショナ(略してパワコン)の寿命は家電と同様に10年~15年程度だと言われています。10年前後で故障リスクが高まり修理や交換が必要になります。   一方、太陽光パネルは法定耐用年数17年を超えても問題なく使用できると考えられています。期待寿命としては20年~30年くらいとも言われていますので、何か事情があって取り外し等がない限り、太陽光を使用していく間には必ずパワコンの交換が必要になってくると思います。パワコンの交換費用は1台あたり30万円前後になります。   48円で売電できるようになった2009年から10年経過した現在、パワコン故障の連絡が増えてきています。 当社へお問い合わせいただく中には太陽光発電を設置したお客様だけでなく、設置業者が廃業してしまいどこに頼んでいいのか分からなくて困っているというお客様からのお問い合わせもいただいております。   10年経過というとFIT(固定価格買取制度)が終了となり、売電による収入が減ってしまいます。尚且つパワコンも故障して交換が必要になり費用が発生してしまう、そんなダブルパンチになって困ってしまわないよう、計画的に交換費用を考えておく必要があります。   またパワコンの交換と共に蓄電池導入を検討される方も増えています。蓄電池の種類により今お使いのパワコンをそのまま使用する選択肢、もうひとつ蓄電池と太陽光の制御を1台のパワコンで行うハイブリッド型へ交換する選択肢の2つに分けられます。   古くなったパワコンをそのまま使用するよりもハイブリッド型パワコンへ交換しての蓄電池導入はパワコン買い替え時期にそのまま新しくできるので無駄がありません。パワコンの買い替えを検討されているようであれば絶好のタイミングでもあると言えますね ただし注意点があります。ハイブリッド型の蓄電システムの場合、実際に設置している太陽光システムのメーカーと異なるメーカーの蓄電システムを設置してしまうと、太陽光側の保証期間が残っている場合、保証が途中で無くなってしまいます。10年前には保証が10年間だったメーカーが多かったのですが、近頃は各メーカー保証が15年と長くなっており、このことを踏まえて考える必要があることがデメリットと言えるかもしれません。   ただハイブリッド型パワコンは、省スペースになり、パワコン交換も1台で済み、電気の変換ロスを軽減することができるというメリットがありますので、このようなケースの場合には販売店や施工店へ相談して最良の選択肢ができるように認識しておきましょう。   いずれにしろ、いつかは必ずパワコンを交換しなければいけないという事を覚えておいて、そのいつかが来た時に慌てないで対応できるように準備しておきたいですね。   取替前パワコン     蓄電池とハイブリッドパワコン                        
法人が太陽光発電を設置した場合の事業税について

2020年08月24日太陽光発電

法人が太陽光発電を設置した場合の事業税について

【太陽光発電事業を開始したら】 太陽光発電事業に係る売電収入については、法人事業税の計算が独特です。しかも、売電以外の事業を行っている場合には、計算が複雑になります。以下では、中小企業が太陽光発電事業を開始した場合における事業税の取扱い及び留意点について説明します。
意外と忘れがち?停電時に使える太陽光発電の自立電源

2020年07月31日太陽光発電

意外と忘れがち?停電時に使える太陽光発電の自立電源

本州でも早いところではようやく梅雨明けが宣言されました。今年の梅雨は雨が多く期間も例年より長かったようです。雨続きの毎日で洗濯物が大変…という方も多かったのではないでしょうか?そんな日々もあと少しで終わりに、静岡でも梅雨明けが近づいてきました!

本格的な暑さ、日焼け対策ももちろんですが、現在太陽光発電をお使いの方は停電時に使える自立電源を再確認してみませんか?普段使う機会が少ないので意外と忘れがちですが、太陽光がでており発電できている時間帯に限りますが停電したときに太陽光発電から直接電気を取り出すことができます。基本的にはコンセント一か所から最大1500wまで取りだすことができます。携帯の充電や最低限の明かりが使えるだけでも停電時にはかなり役立ちます。

今こそ太陽光の自家消費を

2020年05月27日太陽光発電

今こそ太陽光の自家消費を

自家消費とは自宅の屋根に設置した太陽光パネルで発電して、つくった電気を家族で使うことを言います。 これまでも自家消費は行われていましたが、使いきれずに余った電気(余剰電力)は、電力会社に売る(売電する)のが一般的でした。 売電収入によって、設備費用の元をとるという発想です。 これには国が売電単価を保証する「再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT法)」がかかせません。 FIT法では10年間同じ単価で電力会社に電気を買い取ってもらえるのですが、この単価は年々引き下げられています。 ではこれから太陽光発電を導入するメリットはないのか?というとそうではありません。 今こそ自分で作った電気をできるだけ余らせずに使って、電力会社から買う電気を可能な限り減らしていく事が必要です。 太陽光 FIT価格と電気料金を比較すると、2012年度42円だったFIT価格が2020年度に21円で半分になりました。 しかし電気料金の平均単価は2012年から現在まで20円台前半で推移しています。 FIT価格が高かった頃は自家消費よりも売電した方がお得でしたが、現在はFIT価格の方が電気料金より安いので売電メリットはありません。 しかし、発電した電気を自分で使えば月々の電気代を減らす事ができます。 また太陽光発電設備の値段も随分安くなり、製品自体の寿命も伸びているので、導入コストを回収した後も長期にわたり無料で発電し続けてくれます。 台風 また、台風などで停電した際に太陽光発電のある家庭は日中電気を使うことができます。 昼間だけでも冷蔵庫や洗濯機が使え、携帯の充電ができればなんとか生活をすることができますよね。 また、住宅用太陽光発電の自家消費は屋根の上でつくった電気を使うのですから、公共の電力網に負担をかけることがありません。近年、問題となっている電力網の容量不足という課題にも大きく貢献します。 そもそも太陽光発電は、CO2や有害物質を排出しない純粋なクリーンエネルギーです。地球温暖化防止にも繋がっていきます。 地球温暖化防止 自宅で過ごす時間が増えている今だからこそ我が家の電気のことを今一度考えてみてはいかがでしょうか?
節電・停電対策を最小限の太陽光発電、蓄電池でつくる

2020年01月27日太陽光発電

節電・停電対策を最小限の太陽光発電、蓄電池でつくる

【太陽光発電の設置を諦めていた方へ】 太陽光発電システムは2009年11月より48円という高い単価で買取りが始まりこれまでの10年間で住宅をはじめとして、大きな工場や施設の屋根、また野立て太陽光など普及してきました。
浜松での太陽光発電、省エネ・創エネのご相談はエネジンソーラーへ♪
1 2 3 13
浜松での太陽光発電、省エネ・創エネのご相談はエネジンソーラーへ♪
  • 浜松での太陽光発電、省エネ・創エネのご相談はエネジンソーラーへ♪
  • 浜松での太陽光発電、省エネ・創エネのご相談はエネジンソーラーへ♪